衆議院解散・総選挙~決断の政治~

  

共著者:藤本 一美 酒井 慶太  

判型:A5判・上製・246ページ

発行日 2016年12月12日

ISBN:9784904180686
定価:2,500円+税 

 

 

 本書の公刊の意図を述べるなら、本書は衆議院の解散権にまつわる問題の理論的解明を目指すものではない。本書の目的は、戦後日本における衆議院の解散につき、歴史的背景と解散に至る政治的プロセスを論究する点にある。とりわけ、時の政権を担っている首相や与党の実力者たちが、いかなる政治状況のもとで解散を決断するにいたったのか。その経緯を明らかにしたいと考えている。                                                まえがき より 

 

《目 次》 

まえがき 

序論 

1.GHQ解散―19451218日 2.新憲法解散―1947331 

3.なれあい解散―19481223日 4.抜き打ち解散―1952828 

5.バカヤロウ解散―1953314日 6.天の声解散―1955124 

7.話し合い解散―1958425日 8.安保解散―19601024 

9.ムード解散―19631023日 10.黒い霧解散―19661227 

11.沖縄解散―1969122日 12.日中解散―19721113 

13.ロッキード選挙―1976125日 14.増税選挙―197997 

15.ハプニング解散―1980519日 16.田中判決解散——19831128 

17.定数是正解散——198662日  18.消費税解散―1990124 

19.政治改革解散——1993618日 20.小選挙区解散―1996927 

21.神の国解散―200062日  22.マニフェスト解散―20031010 

23.郵政解散―200588日 24.政権交代解散―2009721 

25.近いうちに解散―20121116日 26.“アベノミクス”解散―20141121 

衆議院の解散に関する主要文献 あとがき 索引

 

執筆者紹介  

藤本 一美(ふじもと かずみ) 

1944年     青森県に生まれる 

1979     明治大学政治経済学部研究科 博士課程修了 

現在        専修大学名誉教授 

        日本臨床政治研究所・所長  

酒井 慶太(さかい けいた) 

1987年     東京都に生まれる 

~      専修大学法学部政治学科 卒業 

現在       参議院議員 大野元裕・秘書 

      日本臨床政研究所・非常勤研究員

                                    専門書↑ 

 

 

 

 

お問い合わせ

TEL: 03-6206-0480

FAX: 03-6206-0481


営業時間

10:00〜18:00

土・日・祝日は休業