―偉大な社会を目指した大統領―  

   リンドン・B・ジョンソン 

 

著者:今   

判型:四六判・並製・240ページ   

発行日:2017年11月1日   

ISBN:9784904180723  

定価:1,800円+税  

 

 

 ジョンソンの時代とは「大きな政府」を旗印として、米国の福祉体制を完成させた時期である。しかしながら、いわゆる福祉国家の実現は、“声なき中産階級”の反乱を招き、次のニクソン時代には、“新連邦主義”に象徴される「小さな政府」論が台頭、新保守主義的傾向が色濃くなっていった。その意味で、ジョンソンは、米国がリベラルな政治体制からコンサバティブな政治体制へと移行した“転換期の大統領”でもあった、といえる。

 

     結語―トランプ新政権の発足―より

  <目次>

序文

第一部、ジョンソン大統領論

 第1章、ジョンソンの生涯と活動

 第2章、若き日のジョンソン

 第3章、多数派院内総務・ジョンソン

 第4章、ジョンソンと1964年の大統領選挙

 第5章、ジョンソンと1966年の中間選挙

第二部、ジョンソンの時代

 第1章、1964年の米国

―偉大な社会計画・トンキン湾事件・大統領選

 第2章、1965年の米国

偉大な社会の建設・ベトナム戦争拡大・ワッツ暴動

 第3章、1966年の米国

ベトナム戦争の深刻化・ハト派の登場・中間選挙

 第4章、1967年の米国

ベトナム戦争の泥沼化・反戦運動・黒人暴動

5章、1968年の米国

―ジョンソン不出馬・R・ケネディとキングの暗殺

第三部、「トンキン湾決議」とベトナム戦争の拡大

1章、ベトナム戦争

 第2章、トンキン湾決議

 第3章、ベトナム戦争の教訓

第四部、日米関係の新展開-沖縄返還の“兆し”

1章、日米首脳会談(1965113日)

―自主外交と沖縄返還の始動

 第2章、日米首脳会談(19671114日、15日)

―「責任ある協力関係」を目指して

第五部、レディー・バード・ジョンソン

 第1章、若き日のレディ・バード

2章、ファーストレディ=レディ・バード

3章、社会事業家=レディ・バード

結語

 ―トランプ新政権の発足―

*主要邦語・邦文文献

*初掲誌一覧

*索引

 

著者紹介

今 博(こん ひろし) 

1951年       青森県五所川原市に生まれる

1970年       青森県立五所川原高校 卒業

1974年       明治大学政治経済学部政治学科 卒業

1974年~      米国カリフォルニア州立大学 都市政策 修学

1975年~      国会(衆参)永年表彰議員秘書(在籍18)

1976年~1977年   国務大臣・国土庁長官秘書(福田赳夫内閣)

1981年~1982年   農林水産大臣秘書官(鈴木善幸内閣)

1988年~1989年   国務大臣・防衛庁長官秘書官(竹下登内閣)

1989(2月、4月、5) 首相臨時代理 田沢吉郎 国務大臣秘書官

1996年~1998年   参議院副議長 松尾官平 第一秘書

1999年~      青森大学理事長付 特命事項担当

2003年~2011年   青森県議会議員(二期8)

2011年~2012年   衆議院議員(東北比例選出)統括秘書役

2013年~      日本臨床政治研究所 主席研究員 

著作 『この人この道』第四集(OSK出版、1996年)共著

    「日本選挙制度の問題点」『明治大学政経セミナー論集』(1974年)

 

                                                   専門書↑

 

お問い合わせ

TEL: 03-6206-0480

FAX: 03-6206-0481


営業時間

10:00〜18:00

土・日・祝日は休業