太陽政策

 

朝鮮半島における平和への道 ― 

 

著 者:文 正仁 

編・訳:山本 武彦・宮脇 昇 

判型:A5判・並製・296ページ 

発行日:2018年6月12日 

定価:2,500円+税

 

 太陽政策とは 

イソップ物語「北風と太陽」の寓話のように、北を改革・開放に向かわせるには、「北風」のような対決姿勢ではなく、経済協力や人的交流の拡大などによって北朝鮮を開放・改革    

                  に導くべきだとするもの。

金大中・前大統領が1998年2月の就任演説で示した。関与政策とも呼ばれる。(1)武力挑発を許さない (2)吸収統一しない (3)相互交流・協力を推進する―が3大原則とされる。 

本書の主な内容】

 序 論 南北朝鮮関係:四つの差し迫った問題 

平和への道:平和の維持と形成と構築 

太陽政策と本書の構成 

 第1部:太陽政策の再検討 

 第1章 太陽政策とは何だったのか 

なぜ太陽政策なのか? 理由付けの説明 

太陽政策の人気と限界 

 第2章 2000年第一回南北首脳会談:未達成の約束 

首脳会談以前の太陽政策の評価 

第一回南北首脳会談と「6.15共同宣言」:直に得た情報に基づく分析 

首脳会談後の制約と未解決の課題 

 第3章 2007年第二回南北首脳会談:首脳会談の形式とその内容 

 第2部:太陽政策に対する課題 

 第4章 外部要因としての課題:

ブッシュ・ドクトリン、核危機と行き詰まる対話 

核危機を理解する:争点と相反する主張

     ブッシュ・ドクトリン:北朝鮮に対する態度 

対立か、無視か:アメリカの戦略的選択 

6カ国協議:瀬戸際からの回帰 

協議の終焉:李明博とオバマの時代 

結論:太陽政策に対するアメリカの優位性とその意味合い 

 第5章 国内的課題:李明博政権と太陽政策後の時代 

    衝突の可能性:李政権の北朝鮮政策に対する評価 

政策の失敗と原理と実利主義のミスマッチ 

 第6章 軍事的挑戦:対立そして南北朝鮮における軍拡競争 

 第3部:太陽政策の将来は? 

 第7章 南北統一と太陽政策 

 第8章 北東アジアの安全保障力学における太陽政策の位置づけ/地域的安全保障の解明 / 韓国の視点からの地域秩序とは何か? / 韓国による戦略的選択 /太陽政策への示唆 / 

 第9章 今後の方策としての太陽政策 

 最新論文 朝鮮半島平和への真の道―文在寅・金正恩首脳会談の進展と約束 

 

 著者略歴 

   現代韓国の政治と国際関係を専門とする研究者であり、アナ リスト。ソウルの延世大学大学院

   政治学教授および延世大学名誉教授、同大学大学院国際研究 科学長を歴任。 

  盧武鉉(ノ・ムヒョン )政権当時、閣僚レベルの北東アジア協力に関する大統領委員会の委員

  も務め、韓国外交通商省の国際安保障問題担当大使も務めた。 

   現在、文在寅(ムン・ジェイン)政権の外交・ 安全保障特別補佐官の任にあり、太陽政策のシ

   ナリオ・ライターと言われる。 

 

                                            

                                                                            専門書↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

TEL: 03-6206-0480

FAX: 03-6206-0481


営業時間

10:00〜18:00

土・日・祝日は休業