民主政の学校  

 

地方自治を学ぶ   

 

著者:眞鍋 貞樹   

判型:A5判・並製・262ページ  

発行日:2016年3月12日  

ISBN:9784904180563  

定価:2,400円+税 

 

地方自治は私たちにとって身近な問題なのに、私たちはほとんど関心を持たない。これで、本当に地方自治と言えるのだろうか。これが、本書を通じての、私の問題意識である。

 

本書は大学での教科書ではあるものの、私の地方自治の課題に関する主張を述べたような箇所が随所にあることを読者は感じられることだろう。教科書としては様々な意見の交換を喚起することはあまりないだろうが、私の主張に対して異論・反論は数多くあるはずである。本書がその意味で、学生のみならず、地方自治に関わるすべての人々にとって、議論の端緒になるとすれば本望である。それは、地方自治への関心を高め、様々な議論がなされるようになってこそ、日本の地方自治がさらに発展すると信じているからである。 

                               著書 終わりに 地方自治の発展のために より

 

著者経歴 

眞鍋貞樹 (まなべ さだき) 

1956年   広島県生まれ 

1980年   早稲田大学法学部卒業 

2006年   中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程修了 博士(総合政策) 

現在     拓殖大学政経学部・大学院地方政治行政研究科教授

 主な著書 

『福祉国家再生への挑戦』(共著) 中央大学出版部、2003 

『地方議員 政策ハンドブック』(編・共著) 公益財団法人富士社会教育センター、2004 

『地方自治の理想と幻想』(単著) 公益財団法人富士社会教育センター、2006 

『民力が担う自由な社会』(編・共著) 本の風景社、2007 

『NPOのチャレンジ』(単著) 一藝社、2009 

『安心・安全を問う』(共著) 北星堂、2009 

『コミュニティ幻想を超えて』(単著) 一藝社、2011 

『閉塞社会を生きる』(単著)山川出版社、2012

 

                                                              専門書↑

 

お問い合わせ

TEL: 03-6206-0480

FAX: 03-6206-0481


営業時間

10:00〜18:00

土・日・祝日は休業