グローバル・ガバナンス 第3号  

The Study of Global Governance No.3  

判型:A5判・並製・98ページ  

発行日:2016年12月30日  

ISBN   : 978-904180693  

ISN:2189-1583  

定価:2,000円+税 

発行 グローバル・ガバナンス学会・事務局 

 http://globalgovernance.jp/  

会長     渡邊 啓貴

学会事務局 

〒169-0051 

東京都新宿区西早稲田1--14 

早稲田大学22号館606号室 

secretariat@ml.globalgovernance.jp 

  

 《論文 

   気候政策転換における科学的知見と科学者の役割             1頁

   ―理論・実証先行研究レビューに基づいた分析枠組と仮説の構築―  

                  新潟県立大学国際地域学部准教授 渡邉理絵 

 

グローバル・ガバナンスの民主化は可能か?              18頁 

                     和洋女子大学人文学群准教授  杉浦 功一  

 

   民主的システムは地球環境ガバナンスを支える?            34頁  

       九州大学グリーンアジア国際リーダー教育センター助教 渡邉」智明 

 

 《研究ノート》

    マルチ・ステークホルダーによるグローバル・ガバナンス        48頁 

  ―持続可能な開発目標の策定プロセスに関する分析― 

 東京工業大学大学院博士後期課程/日本学術振興会特別研究員・DC2)早川 有香

 

    After the South China Sea Arbitration: Opportunities and Obstacles 

    for ASEAN to Enhance its Dispute Settlement Mechanisms                60頁 

     PhD from the Graduate School of Asia-Pacific Studies atWaseda University.  Thanh Dat Vo

 

 《書評論文 

   EUガバナンスの様相―秩序・正当性・英国民投票―                      72頁 

              北九州市立大学外国語学部准教授 山本 直

 

 《書評》 

  カイ・モンハイム著『効果的な交渉マネジメントは多国間協力をどう促すか  80

 ―気候・貿易・バイオセーフティ交渉におけるプロセスの力』 

                国際基督教大学教養学部教授 毛利 勝彦

 

   ENGLISH SUMMARY                               83頁 

 

 

 

お問い合わせ

TEL: 03-6206-0480

FAX: 03-6206-0481


営業時間

10:00〜18:00

土・日・祝日は休業