エッセイ集 見て観てある記 

 

著者:藤井 徳子 

判型:四六判・並製・264ページ 

発行日:2016年5月27日 

ISBN:9784904180624 

定価:1,200円+税

 

 

 

 

平成二十七年まで病気や大事故に次々と見舞われました。こうしたことを契機として、今までに新聞や雑誌、同人誌などに発表したものをまとめようと思いたち、昨年の秋から作業をはじめました。

 

思いのままに歩き、旅に出ては多くの人々と恵まれた出会いをいただき、その後押しが私のペンを走らせてくれました。あの日、あの時に出会った人々を思い出すといまも心が熱くなり幸せを感じます。 

 

                  平成二十八年五月 黄菖蒲の咲く頃に

 

                             おしまいに より

 

 

   著者紹介

 

藤井徳子(ふじい のりこ)

 

1942年生まれ 福島県出身

   日本ペンクラブ会員

日本歌人クラブ会員

コスモス短歌会会員

平成4年第5回短歌現代 年刊短歌賞次席

平成6年短歌新聞社 年刊短歌賞受賞

著書 歌集「無窮花植ゑむ」 詩画集「ひとすぢに恋」

   小説「桐の花散る 歌人江口きちの恋」

随筆集「酒蔵」

エッセイ「死語になったことわざ」

   絵本「花とおしゃべり」共著

                                一般書↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

TEL: 03-6206-0480

FAX: 03-6206-0481


営業時間

10:00〜18:00

土・日・祝日は休業