心臓移植はいかに受け入れられたか

 ―日・米・南アでの

     「外科医」と「国家」の関係性

 

著者 小久保 亜早子

判型:A5判・並製・312ページ  

発行日 2019年2月21日

ISBN:9784904180914

定価:3,000円+税

 

 

  本研究では国際関係論、科学技術社会論、医学史という複数の学問領域の視点から多角的に心臓移植を分析したが、統合的な役割を果たしたのは科学技術社会論である。社会は科学技術に、技術的側面とは別の側面をみていることがある。革新的外科技術が正統化されるときに、技術的な妥当性以外に、イデオロギーやナショナリズムのような政治的要因や、日本でみられたような組織構造や外来文化の受容プロセスが影響している場合があることを指摘した。特に革新的外科技術が文化要素の抵抗に遭い排斥されるという分析は、科学技術社会論と文化触変論を結びつけたことで可能になった。科学技術社会論はさまざまな学問領域と結びつくことが可能であることを示すことができた。さらに、心臓移植という外科技術の道具的側面という視点は新しい視座を提供したと思う。ただし心臓移植以外の医学分野にも本研究の視座「道具としての技術」が普遍的に適用できるものなのかについては、今後事例を重ねて検討されるべきである。

                      結論 第3節 本研究の意義と課題 より 

 

《目 次》 

序論 

第1節 問題の所在 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5

第1項 外科技術「心臓移植」の受容困難性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

第2項 外科技術にとどまらぬ心臓移植・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

第2節 研究の目的 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

第3節 先行研究の検討と本研究の独自性 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17 

第4節 研究方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 27 

第1項 作業手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 27 

第2項 分析枠組み ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 30 

第3項 アクター:外科医と政府 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 42 

第4項 心臓移植の受容過程の分析 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 47 

第5項 心臓移植の受容過程の国家間比較 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 47 

第5節 各章の構成 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 48 

1章 心臓移植と南アフリカ-心臓移植の受容過程- ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 55 

第1節 心臓移植の受容過程 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 56 

第1項 「死を判定できるのは医師だけである」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 56 

第2項 「人体実験」性の不問 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 60 

第3項 臓器摘出の容易化 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 62 

第4項 南アフリカ医学における心臓移植 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 66 

第2節 道具としての心臓移植:ナショナル・プライド ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 69 

第1項 国際社会からの孤立 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 69 

第2項 外科医と国家 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 74 

第3項 こころの拠り所の推移:イギリスから米国へ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 78 

第3節 文化要素群としての心臓移植 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 87 

第1項 適合性:アメリカ産外科技術 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 88 

第2項 「人体実験を許容する」文化要素 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 89 

第4節 本章のまとめ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 92 

第2章 心臓移植と米国-心臓移植の受容過程- ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 101 

第1節 心臓移植の受容過程 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 102 

第1項 米国内での心臓移植レース ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 102 

第2項 新しい死の判定の埋め込み ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 104 

第3項 人体実験の制度化 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 108 

第2節 道具としての心臓移植:ナショナル・プライド ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 114 

第1項 外科医のナショナリズム:心臓移植と宇宙開発のリンク ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 114 

第2項 理想像としての「世界一」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 119 

第3節 医師と政府 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 121 

第1項 スポンサーとしての政府 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 122 

第2項 モンデール議員による公聴会 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 127 

第3項 専門家主導 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 130 

第4節 心臓移植に付随する文化要素:ヒーロー外科医 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 134 

第5節 本章のまとめ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 139 

第3章 心臓移植と日本―心臓移植の排除過程― ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 149 

第1節 心臓移植の排除過程 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 150 

第1項 「新しい死の判定」の失敗 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 151 

第2項 「人体実験」との対峙回避 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 154 

第2節 道具としての心臓移植:「米国に追いつく」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 158 

第3節 医師と国家 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 162 

第1項 医学と政治:医学研究費から ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 163 

第2項 医師と政府:管理される医師 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 167 

第3項 医学界:医局構造 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 170 

第4節 文化要素群としての心臓移植:医師たちの連携欠如 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・172 

第1項 適合性:アメリカ産外科技術 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 173 

第2項 文化的抵抗 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 177 

第5節 本章のまとめ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 196 

第4章 心臓移植と周辺―ミシシッピと北海道― ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 209 

第1節 道具としての心臓移植 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 212 

第1項 ミシシッピ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 212 

第2項 北海道 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 220 

第2節 「周辺」にとってのナショナル・プライド ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 232 

第1項 米国 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 233 

第2項 日本 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 237

第3節 本章のまとめ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 248 

結論 

第1節 南ア・米国・日本の心臓移植をめぐる諸条件の比較 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 259 

第2節 「問い」への答え ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 262 

第1項 なぜ、どのように心臓移植は国際レースとなったのか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 262 

第2項 心臓移植を継続した国と継続しなかった国の違いはなにか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 267 

第3項 問い「日本の心臓移植はなぜ頓挫したのか」への答え ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 272 

第3節 本研究の意義と課題 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 275 

付録1 3か国の年表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 279 

付録 世界の心臓移植手術 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 280 

あとがき ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 283 

文献一覧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 287 

事項・人名索引 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 301

 

《著者紹介》 

小久保亜早子こくぼ あさこ) 

1963年 東京都練馬区生まれ。 

1988年 新潟大学医学部卒業および医師免許取得。整形外科医として新潟や東京などで勤務しながら、

1999年に慶應義塾大学通信教育部の経済学部を卒業、

2004年に同法学部政治学科を卒業。 

2000年から東京都監察医務院の非常勤監察医としても勤務。 

2003年 新潟大学医学研究科社会医学系専攻で医学博士取得。 

2018年 早稲田大学大学院政治学研究科国際関係論専攻で政治学博士取得。 

現在、練馬光が丘病院整形外科に勤務。

 

                                                専門書↑

 

 

 

 

お問い合わせ

TEL: 03-6206-0480

FAX: 03-6206-0481


営業時間

10:00〜18:00

土・日・祝日は休業