グローバル・ガバナンス 第4号  

The Study of Global Governance No.4   

判型:A5判・並製・146ページ  

発行日:2018年3月30日  

ISBN   : 978-904180853  

ISN:2189-1583  

定価:2,000円+税                                                

発行 グローバル・ガバナンス学会・事務局 

 http://globalgovernance.jp/  

会長  渡邊 啓貴 

学会事務局 

〒169-0051 

東京都新宿区西早稲田1--14 

早稲田大学22号館606号室  

secretariat@ml.globalgovernance.jp   

 

                   4号 20183

目 次

 

 特集: 勃興するポピュリズムと国際秩序

特集に寄せて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 杉浦 功一 i

2017年フランス大統領選挙に見るポピュリズム

― 国民戦線(FN)は「凋落」したのか ―・・・・・・・・・・・・・・・・ 渡邊 啓貴 1

米国における温室効果ガス排出削減アクターの分析

―低炭素社会の構築とパリ協定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小尾 美千代 21

2017ドイツ連邦選挙における『ドイツのための選択肢』議会進出の分析

 ―難民危機と欧州統合との関連を中心に―・・・・・・・・・・・・ 中村 登志哉 42

EU懐疑主義としてのポピュリズムと福祉ショーヴィニズム・・・・・・・・・・ 原田 徹 55

 論 文  

「保護する責任」規範の現地化・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 宮下 大夢 68

欧州域外国境における人道危機の安全保障化・・・・・・・・・・・・・・・・・・南波 慧 80

 研究ノート

サイバーセキュリティ戦略の国際比較・・・・・・・・・ 小宮山 功一朗・土屋 大洋 94

Ideas matter and change policy, but how ? ・・・・・・・・ Yôichi Nakagawa 110

 書評・書評論文

本田宏著『参加と交渉の政治学—ドイツが脱原発を決めるまで』・・・・・・太田 宏 123

ジェニファー・ウェルシュ著(秋山勝訳)『歴史の逆襲』・・・・・・・宮脇 昇 127

バリー・ブザン著(大中 真、ほか訳)

『英国学派入門―国際社会論へのアプローチ』・・・・・・・・松井 康浩 130

ENGLISH SUMMARY・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 134

 

                                                

                                                           

                                                                                                             

 

 

  

お問い合わせ

TEL: 03-6206-0480

FAX: 03-6206-0481


営業時間

10:00〜18:00

土・日・祝日は休業